MENU

安いシャンプーを使って後悔したこと…

元々、髪がキレイとよく褒められました。カラーリングは3ヶ月に一回通い、時々パーマをかけたりもしていたのに、二十代の後半になってもそれは続いていました。髪の毛は私の数少ない""売りパーツ""でした。
髪の毛の質は母親譲りで、還暦を過ぎた母の髪は、今でもツヤツヤできれいにカラーリングされています。

 

白髪があまりないので、グレーカラーでなく通常のカラー剤です。なので私もずっとそうなのだと、言わば過信してしまっていたようです。
ある時から、シャンプーなんてどれを使っても同じだろうと、節約の為にその時々で安売りしているシャンプーを使うことにしました。それまではラックスやパンテーンを好んで使っていたのですが、安売りしているのもそんなに無名なシャンプーではありません。モッズヘアやサロンドプロ、ハーバルエッセンスなど、少し前までCMを打っていたような商品です。

 

始めは可もなく不可もなくな使用感でした。けれど一年ほど経った頃、行きつけの美容院で突然、「髪質変わったね」と言われました。私は思い当たる節があったので、曖昧に相槌を打ちました。
シャンプーを安売りのものにしてからしばらくして、髪が絡まりやすく、ツヤがなくなり始めたのです。
今までデジタルパーマをした後にそういう風になったことはありましたが、パーマ自体久しくかけていないのに、です。

 

人が好んで使わないから売れ残り、売れ残るから安売りされる。好まれないということは、必ず理由があるのです。
シャンプーを戻すと、私の髪はまたツヤを取り戻しました。もしシャンプーなんてどれも同じ、と思っている人がいるなら、今すぐ思い直して欲しい。そう思います。